スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

521系~北陸線は130歳~

521
(敦賀にて)
 昨年の9月に撮影したものです。521系にヘッドマークがついており、「長浜-敦賀開業130周年」と書いてありました。北陸路への鉄路は130年前から始まったのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

381系甲種輸送~南国からのHELP ME~

381
381
(六軒にて)

 みなさんは覚えていますか。以前、和歌山で水害がありその影響で381系等が取り残されました。その際に紀勢線、東海道線経由で救出された時の写真です。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

津競艇サービスファンバス~私の渋滞バロメーター~

津駅⇔津ボート
(津駅にて)
 津市にある津ボートでは津駅、津新町駅など県内各地からサービスファンバスが運転されます。(八風バスの観光バス=北部からも・・・?)
 私は午前中にこのようなバスとすれ違ったら 今日は競艇がある→午後は渋滞する というように確認しています。

(追記)
ちなみに方向幕にローマ字併記が基本の中勢営業所ですが、特殊系統なためローマ字は併記されていません。他には「三重交通」・「メッセウイングみえ⇔まつり会場」(津まつり開催時)「津新町駅⇔津ボート」等にローマ字が併記されていません。
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

間抜けなタヌキ~降参です~

動物注意
 小浜線の沿線にある高速道路です。なんとも間抜けな様子で手を上げているところから「降参しました」と言っているようです。
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

相互リンク募集!! 一緒にどうですか

 このブログと相互リンクしていただける方を募集します。ぜひ、お気軽にお願いします。
(意識して欲しいテーマ)
鉄道・バス・その他交通・国内旅行・国内の城郭など・・・三重県外ももちろん大歓迎です。

相互リンクしていただける方はこの記事のコメントからお願いします。
CIMG0904_convert_20120322154826.jpg






バナーです。
三重県中部の鉄道とバス


関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

新幹線の弊害

 現在、JR東日本では東北・上越・山形・秋田・長野新幹線、JR東海では東海道新幹線、JR西日本では山陽新幹線、JR九州では九州新幹線と全国に新幹線のネットワークが広がっています。さらに北陸新幹線や北海道新幹線等も工事が進んでいます。
 これを聞くと一見良いように思いますが、問題があります。並行在来線問題です。
 東海道新幹線や山陽新幹線は並行する東海道・山陽線の輸送量を増やす目的で整備されました。しかし、最近の開業した路線は新幹線と引き換えに並行する在来線が廃止される傾向があります。
新幹線並行する在来線廃止区間その後
北陸新幹線
(長野新幹線)
信越本線横川-篠ノ井
横川-軽井沢 廃止
軽井沢-篠ノ井 しなの鉄道に移管
東北新幹線東北本線盛岡-青森岩手県内はIGRいわて銀河鉄道、
青森県内は青い森鉄道に移管
九州新幹線鹿児島本線八代-川内肥薩おれんじ鉄道に移管
これが現状です。さらに、将来的には北陸新幹線の金沢開通時には信越本線の長野-直江津間、北陸本線の直江津-金沢間が県ごとに設立される第3セクターに移管されます。信越本線は3つの区間に分断され、北陸本線も米原-金沢間のみとなり“本線”と呼ぶには少し疑問がするようになります。
 そもそも鉄道とは地元の人の交通手段だと思います。新幹線が開通することによって確かに観光客が見込めるようになるかもしれません。しかし、第3セクターになることで運賃が高くなったり本数が少なくなったりなどの問題があり、地元客にしわ寄せがくる結果になりかねません。また、ほとんどの第3セクターは県ごとに設立されていますが、その会社の境界となる駅で系統が分かれてしまう可能性もゼロではありません。第3セクターへの移管や新幹線の開業がすべて悪いとは言いませんがもう少し慎重に考える必要があると思います。



関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

キハ48系、鉄橋渡る

キハ48
三渡川をキハ48系はわたっています。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

大阪城~在りし時代の中心~

大阪城
 私はお城巡りも好きです。
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

JR東海 春の臨時列車

 JR東海で春に運転される臨時列車について紹介します。“春”の臨時列車のお知らせ(公式)

 まずは新幹線、いつもどおり週末や春休み、GWといった時期に臨時列車を運転します。
線区概要詳細
新幹線増発臨時列車を運転(前年比103%・微増)
新幹線新製N700Aを追加投入

(何かN700Aの導入は臨時列車とは違うような・・・)

 次は在来線です。例年通りの木曽方面のスキー客向けの他、式年遷宮の増発もあります。

線区列車名詳細
中央線ワイドビューしなの臨時列車を合計24本運転
高山線ワイドビューひだ臨時列車を合計35本運転(延長運転含む)
紀勢線ワイドビュー南紀臨時列車を合計40本運転
紀勢線快速みえ式年遷宮の年に合わせ、合計38本運転
中央線快速木曽スキーチャオスキー客向けに3月に合計22本運転
中央線ナイスホリデー木曽路合計18本運転

この他にもムーンライトながら等も運転されます。
 
 注目すべきところは「快速みえ」です。運転されるのは快速みえ91号・93号・94号ですが、93号・94号は共に4月7日に1本ずつしか運転されません。メインとなるのは名古屋を8:37に出発し、伊勢市に10:15に到着する91号になるでしょう。でも、なぜ片道だけなのでしょう。この状態では近鉄に軍配が上がってしまうでしょう。
津駅
津駅で停車中のキハ75系快速みえ号名古屋行き
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

JR東海211系~実は国鉄生まれ~

 記念すべき第1回目は「JR東海211系~実は国鉄生まれ~」です。
211
(亀山にて)
 JR東海には313系や311系などに混じって211系がありますがその殆どはJRになって製造された車両です。しかし、一部に国鉄時代に製造された211系があります。判別方法は前面の窓が左右対称だったりセミクロスシートだったりなど様々です。
関連記事

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

近鉄 平成25年のダイヤ改正

 ついに近鉄から平成25年のダイヤ改正について発表されました。  (公式)
対象となる線区は・・・内部八王子線、生駒鋼索線を除く全線です。(ただし、けいはんな線は直通先の大阪市交通局と協議してから発表)   3月17日から新ダイヤで運行します。

主な変更点
 やはり注目すべきところはしまかぜの運転開始です。また、土曜休日ダイヤで伊勢市駅を通過している特急が名伊、阪伊特急各2本ずつ、計4本が停車します。でも、今考えてみたら今まで通過していたということですね。今まで知りませんでした。

 また、区間変更される特急は
   
曜日変更前⇒変更後
平日桑名発大阪上本町行き⇒近鉄名古屋発大阪上本町行き
休日大阪難波発宇治山田行き⇒大阪難波発賢島行き
休日近鉄名古屋発宇治山田行き⇒近鉄名古屋発賢島行き
休日宇治山田発近鉄名古屋行き⇒賢島発近鉄名古屋行き

 中途半端な桑名始発が名古屋始発に改められた以外は式年遷宮を意識した“志摩地方開拓”と言えるかもしれません。

 普通列車関係では・・・あまりにも多いので三重県にある程度関係のあるもの中心に取り上げます。
 
線区概要詳細
大阪線増発名張発大阪上本町行き急行を17時台から20時台まで毎時1本(計4本)増発(平日)
大阪線種別変更短縮上本町6:15発鳥羽行き快速急行を宇治山田行き急行に変更(平日)
大阪線種別変更上本町6:53発青山町行き快速急行を急行に変更(平日)
大阪線種別変更上本町7:15発宇治山田行き快速急行を急行に変更(平日)
大阪線種別変更上本町8:52発青山町行き快速急行を急行に変更(平日)
大阪線削減青山町5:55発大阪上本町行き快速急行を削減

 あまり良い知らせではないです。良いものは1つしかなくあとは快速急行の急行への格下げ、短縮、削減といった変更です。私の考えとしては昨年の改正で快速急行は伊賀地域でも快速運転を行う(各駅停車としない)ようになった結果、通過となる駅では本数が少なくなった為に格下げされたと思います。

 時刻変更もありますが、基本的には名古屋線の普通列車関連は変更がなさそうです。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

新たなカテゴリ、始めます。

 今回より新たなカテゴリを始めます。今まで私が撮り溜めてきた鉄道・バス・その他旅行等で見えた風景などの写真を始めます。原則毎日の更新を心がけます。
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

山陰線胡麻駅の名物!?

 世の中にはいろいろな地名があります。その過程からいろいろな駅名もあります。 去年山陰本線へ行ったときに私にとって珍しい駅名がありました。
胡麻駅
 なんだか香ばしそうな駅名だなと思いました。 何か特徴のあるものはないかとあたりを見渡してみれば・・・
ソフト
駅舎の窓にメーカー品であるものの、ソフトクリームが売っていることを示すポスターがありました。その中で「黒ごまソフト」もありました。たまたまなのか、あえて意識したのかどうなのでしょうか。何はともあれ名物であることは違いないのではないでしょうか。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

JR本州3社のダイヤ改正について

 JR本のダイヤ改正について今まで取り上げてきました。やっと本州3社(JR東日本、JR東海、JR西日本-関西地区)が揃いました。ぜひ、ご覧下さい。
JR東日本
JR東海
JR西日本


JR東日本ダイヤ改正について
 新幹線は320km/h運転の他、スーパーこまちの登場について、在来線は浦和駅に湘南新宿ラインが停車することなどが改正点です。

JR東海ダイヤ改正について
 なんて言ったって新幹線はN700A登場、在来線はセントラルライナーの廃止でしょう。新幹線ではひっそりとミュージックサービスが姿を消します。

JR西日本ダイヤ改正について(関西地方)
 看板列車である新快速の改正がメインです。新快速の増発、増結が目立ちます。また、東海道線に舞い戻ってきた205系は改正で東海道線から撤退します。彼に永住の地はあるのでしょうか。


 近鉄、三重交通のダイヤ改正については発表され次第取り上げます。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

JR東日本のダイヤ改正について

 JR東海とJR西日本のダイヤ改正をこれまで取り上げてきました。そこで今回はJR東日本のダイヤ改正について少し取り上げます。   2013年3月ダイヤ改正について(公式)

≪ダイヤ改正の主な内容≫
○東北新幹線「はやぶさ」の国内最高速320km/h 運転開始
○秋田新幹線に「スーパーこまち」デビュー
(新型車両E6系を使用した300㎞/h 運転開始)
○常磐線特急を新型車両に統一
○浦和駅への湘南新宿ライン等新規停車
○東京メガループの利便性向上
・武蔵野線、京葉線の増発
・横浜線と根岸線の直通運転拡大
≪ダイヤ改正日≫
2013年3月16日(土) 


新幹線
 まず、なんて言ったって“はやぶさ”の320キロでの運転ですね。はやぶさの登場から結構な月日が過ぎたのでもう慣らし運転は完了といったところでしょうか。
 そして秋田新幹線に「スーパーこまち」のデビューも大きいです。私的にはもう少し良いネーミングはなかったのかと・・・何か在来線の特急みたいですね。(もっとも、秋田新幹線は在来線ですが)
 その他にも上越新幹線にE2系を追加投入したり列車名を行先別に統一するなど色々変化が見られます。

在来線
 常磐線では特急を新型車両に統一するそうです。あのE657系に統一ですね。
 首都圏の通勤列車関係は中央快速線の列車が速くなり、データイムの快速が特別快速に振りかえられます。(複々線の効率の良い使い方を少し取り入れたかな?)
 湘南新宿ラインは新たに浦和駅に停車します。去年の武蔵小杉駅に引き続きまた停車駅が増えました。だんだん速達性に欠けてきているのはないでしょうか
 東海道線の湘南ライナーが12・14・16号の3本を2本に統合するという事実上の減便となります。
 あと、東京メガループ(武蔵野線、京葉線、南武線、横浜線)の武蔵野・京葉線の直通列車や武蔵野線の運行密度を上げること、横浜・根岸線の直通列車を増発します。
 その他東日本大震災以来不通となっていた常磐線の浜吉田~亘理間、石巻線の渡波~浦宿間が再開します。以前の様子を着実に取り戻しつつあります。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

近鉄“しまかぜ”について

 三重県中部の鉄道とバスをいつも見て下さり、ありがとうございます。おかげさまで1月19日の訪問数が初めて100を超えました。これからもよろしくお願いします。

 今回の内容は19日に公開した内容近鉄新特急“しまかぜ”に伴う変更にリンクさせたものです。

 近鉄が式年遷宮に合わせ新型特急を導入することはもう前回紹介したと思いますが今回はしまかぜに焦点を合わせていきます。
 公式ホームページ

 しまかぜは大阪難波・近鉄難波から伊勢志摩を結ぶ新たな特急で伊勢志摩ライナーのデラックス版と言っても良いでしょう。車両はアーバンライナーや伊勢志摩ライナーのような前面は流線型です。しかし、形は少し違います。
 注目の車内ですが、3列シートで革張りの豪華仕様となっています。グランクラスにも劣らなさそうな車内です。(やはりここで伊勢志摩ライナーとの差別化を図っていますね。)その他、このご時世珍しい個室もあります。今までのアーバンライナーや伊勢志摩ライナーでは展望“スペース”でしたが、この車両では展望“座席”となっています。(でも、実際に展望を楽しめるのは最前列から良くても3~4列目くらいまでではないでしょうか)
 サービスも豪華仕様です。まず、カフェがあります。2階建てのカフェです。車内販売等では沿線の特産物が購入できます。また、個室ではモニターから前面展望やBS放送が楽しめます。(しかし、いつまでもつでしょう?このようなモニターは登場後しばらく経って撤去されることが多いですから・・・)

 停車駅は以下の表どおりです。
 

名古屋-賢島大阪-賢島
大阪難波
大阪上本町
近鉄名古屋鶴橋
近鉄四日市大和八木
伊勢市伊勢市
宇治山田宇治山田
鳥羽鳥羽
鵜方鵜方
賢島賢島


 見ての通り志摩地域重視で三重で言う名阪特急が止まる「津」や乗換駅である「伊勢中川」も通過です。

 料金は乗車券や特急券はもちろんのこと、区間により700円-1000円の「しまかぜ特別車両料金」なるものも必要です。
 JRでいう普通車指定席が近鉄の普通車、グリーン車がアーバンライナーのDXカー、グランクラスがしまかぜといった感じでしょうか。


 このように「贅沢」を極めたこのしまかぜですが、式年遷宮が済めば需要は果たして見込めるのでしょうか。すべてが特急料金+αがかかる料金体系といい、カフェといい、個室といいほかと違うところがたくさんあります。どうなるのでしょう。(まさかの姫路直通特急に転用!?・・・はどうでしょう)
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

西村京太郎サスペンス

 少し前に2時間ドラマで西村京太郎サスペンスがありました。私が一番好きなドラマの1つです。亀井刑事役が愛川欽也さんから高田純次さんに代わって2回目、ようやく慣れてきました。今回は「寝台特急あけぼの号」のネタでしたが、昔と比べて少しトリックが“ズルく”なったように感じます。
 私は、トラベルミステリー=時刻表トリックと思っています。でも、今回のもそうですが、トリックを成立させるために車やバイクを使うようになってきたと思います。
 トリックの王道と言えば、寝台特急に乗って途中で降り、殺害したあと新幹線でもとの寝台特急に戻るトリックだと思います。でも、今はそもそも寝台特急自体が少なくなっていますから。クルマ社会の仕方がない理由なのかもしれません。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

近鉄新特急“しまかぜ”に伴う変更

 近鉄が式年遷宮に合わせ、新型特急“しまかぜ”を導入しますが、導入に合わせ新たなサービス、仕組みが始まります。(ということは、終了するものもあります)
近鉄特急のサービスが新しく変わります

【特急サービスの変更内容(骨子)】
(1)近鉄電車インターネット予約・発売サービスの機能拡大【2月6日(水)から】
乗り継ぎ列車の購入時にも、列車ごとに座席種別、座席番号を選択することが可能になります。
(2)近鉄特急ネット購入割引の実施【3月20日(水・祝)~6月30日(日)ご乗車分】
「近鉄電車インターネット予約・発売サービス」を利用して、500円区間および870円区間(8
0キロメートルまでの利用)の特急をクレジットカードまたは積立金にてご購入いただいた場合、特
急ポイントの付与に加え、特急料金を約10%割引します。
(3)特急カード(マンスリービスタ14、ビスタカードプラス)の発売終了【2 月20 日(水)】
特急カード(マンスリービスタ14、ビスタカードプラス)の発売は、2 月20 日(水)をもって終
了します。
(4)伊勢志摩ライナーのサロンカー(サロンシート、ツインシート)ご利用時の料金変更
【3 月21日(木)ご乗車分から】
伊勢志摩ライナーのサロンシートは3人以上、ツインシートは2人であれば、人数分の特急料金のみ
でご利用いただけるようになります。(※従来はサロン料金が必要)
(5)特急列車の座席番号の変更【3月21日(木)から】
新型観光特急「しまかぜ」の運行開始にあわせ、すべての特急列車の座席番号を数字とアルファベッ
トを組み合わせた座席番号に変更します。



変更点は以上です。

特急カードの廃止によってますますインターネット・クレジットカードが有利という状態になったと言えます。
サロンカーの変更ですが、大人2人や4人で利用するときは実質変わらないです。
座席番号は普段、JRの番号でなれている私にとって良い変更点です。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

近鉄電車 動画集①

 今まで撮り溜めてきた近鉄の動画を公開します。少し前のものです。(おととしの夏・・・もうそんなに経ったのか・・・)

関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

去年の振り返り

 去年の3月から始めたこのブログですが、無事に年を越すことができました。そこで、私の去年の鉄道・バスに関する思い出を写真とともに振り返っていきます。

1月は鉄道旅行で彦根へ行きました。
貨物
3月には名古屋や・・・
CIMG1014_convert_20120324193542.jpg
18きっぷで大阪、東京、新潟、長野へ・・・初ムーンライトえちごデビュー
大阪駅にて
飯山線


4月は花見に
松阪城にて
花より“鉄道”

5月は三重交通の新たな表示に気づき
運賃表示器
三重交通 液晶運賃表示器に小変化!?
塩浜へ近鉄まつりにも行きました。
きんてつ鉄道まつり2012in塩浜
6月は特にこれといったことはなく、
7月は伊勢へ花火に行きました。
ブレてます
第60回伊勢神宮奉納全国花火大会

8月は18きっぷで東京近郊(この時初めて自宅から18切符を使わずに現地から使った旅)や大阪へ
宇都宮にて
《大宮駅に赤い色のお客さん》
《211系 ~JR東日本編~》
E233系 トップナンバー車に遭遇
ホームの下の自然

10月には松阪市に新たなコミュニティバスが仲間入りしました。
鵲公民館(一般型)
また、津まつりにも行きました。
2012年の1日船長
津まつりに行きました。

俳句のコーナーも始めました。
六軒駅にて

11月は嵯峨野へ紅葉を見に行きました。
紀勢線の夜明け
紅葉②

五位堂の近鉄まつりにも行きました。
左の車両は休憩所として開放されていました。

去年はとても良い年でした。今年はどのような年になるでしょう。
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

昔の栄華

 三重交通のバス停にはたまにすごいものがあります。それは歴史を匂わせる広告だったり、半分以上が廃止済みの路線図だったり・・・。今回、このような路線図を見つけました。
年季の入った路線図
 この類の路線図は多くのバス停で掲示されています。

 さぁ、間違いを見つけて行きましょう(笑)
まず、北から見ていくこととします。
 今は関バスセンターまで行く路線バスは存在しません。そして、安西橋から椋本へ抜ける路線も廃止されました。太陽の街方面から白子駅へはもう行けません。
 倉紡前に行くバスもないどころか工場すら今はありません。サティもイオン津に改称され、阿漕駅発着のバスも今はありません。汚れて見づらいですが、船頭町も今はありません。穴倉の手前には辰水はないですし、長谷山を通らない穴倉方面行きのバスも廃止されました。国立三重中央病院も三重中央医療センターに、日本鋼管も雲出鋼管町に改称されています。雲出から松阪駅へ行くバスも天白から先へはコミュニティバスに乗り換えを強いられています。
 そして、なぜか「米津津ボート前」の位置が中途半端な位置になっています。場所の都合なのか、意図的にしたのかわかりませんが、何はともあれ「全く当てにならない路線図」には変わりありません。
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

あれ?前半部分は?

 先日、三重交通の椋本線に乗りました。その時の運賃表示器がこちらです。CIMG1517.jpg
 気づきましたか。整理券が普通は1番(または無券)から2,3,4・・・と続きますが、なぜか中途半端な「7番」からです。なぜでしょう。最初はたまに整理券No.を変えることによって不正乗車を防止するのかと思っていましたが、どうやらこの路線の性質が関係しているという考えに行き着きました。

3つに分かれているのが原因か
 まず、椋本線を解説します。三重交通は基本的に方面別(行先別)に系統を分けています。しかし、この椋本線は北部で3方向に分かれます。北部の様子
 地図で見るとわかりやすいですが、この3つの終点はかなり離れています。(ちなみにサイエンスシティという工業団地の中に中勢営業所があります) こんなに離れているのなら別系統にしても良いと思うのですが・・・。

 では、本題に参りましょう。もし、一番離れている椋本始発とサイエンスシティ始発の整理券が「1」から始まるとしましょう。停留所の数も違うので仮に津駅から同じ行先の同じ系統のバスに乗っても整理券が一方は「10番」、もう一方は「15番」のように番号がずれてしまいます。これを防止するためでしょう。例えば1~4番が椋本始発、5~6番がネオポリス始発、7~9番がサイエンスシティ始発のように分けていると思います。(もっとも、確認した訳ではないですが・・・。)
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

成人の日の雪事情

 寒いですね。今年は例年よりどれだけ寒いのでしょうか?
 今日は各地で雪が降っています。(新成人の皆さん、ご苦労様です)とりあえず三重の天気予報では「雨」でした。
 私の携帯には運行情報が入ってくるように設定しています。そして今日は、どの路線が遅れるだろうと思っていましたが最初は近鉄大阪線が奈良県内の雪で遅れました。そして、次は意外にも紀勢線が雪で遅れ、その後関西線が“紀勢線内での雪の影響”で遅れとなりました。その後は参宮線が倒竹で遅れが出たそうです。
 この結果は意外でした。普通は雪というと北から乱れるものだと思っていました。でも、亀山以西の関西線は遅れなかったようですし、以東の関西線は紀勢線の影響で遅れたので関西線自体は大丈夫ということですから。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

三重交通車内放送(お知らせ・啓発放送)~津Ver.~

 今まで私が収録してきた車内放送で、「次駅放送」のあとで放送されるお知らせや啓発放送を集めてみました。
 お知らせ放送は「バスカードを車内で販売している」事や、「アイドリングストップをすることがある」事などを知らせる放送のことをここでは定義とします。啓発放送は事故防止やマナー改善を啓発する放送と定義とします。





 基本的にはこの放送を中心に使われています。しかし、乗り継ぎができる路線(乗り継ぎ票を発行する路線)では少し運賃の支払い方法にややこしい点があるのでその旨を案内する放送があります。

 なぜ「津Ver.」としたかというと、実は少しずつ営業所によって放送が違います。
例えば、携帯電話についての放送は
中勢営業所では・・・「車内での携帯電話のご利用は、周りのお客様の迷惑となりますので電源をお切りいただくか、マナーモードに設定の上、通話はご遠慮ください。」と放送されます。
しかし、松阪営業所では・・・「車内での携帯電話のご使用は、他のお客様の迷惑となりますのでご遠慮願います。」と言い回しも違います。

・・・気づきましたか。中勢営業所では「通話はダメだけどメールはOKね」と取ることができますが、松阪営業所では「携帯は迷惑になるから絶対ダメ!!」と取ることができます。
 と言っても中勢管内のバスの車内には携帯電話使用禁止の張り紙が貼ってある車両もあるのが事実です。


関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

近鉄内部・八王子線について(その2)

 今から約1ヶ月前に近鉄から内部・八王子線の今後についての発表がありました。
●近鉄内部・八王子線の今後について(公式)
 近鉄としては今ある鉄道をバスに転換する姿勢を変えていません。近鉄がうたっている“転換の良いところ”は主に・・・①停留所増加 ②冷房化 ③運行本数増加 ④バリアフリー化の4つです。
では、1つずつ解説していきます。

①停留所増加・・・
 これはバス転換ならではの良いところです。病院や学校などの公共施設の他、ショッピングモールなど需要が見込めそうな施設の近くに設ける事もできる他、少し離れた地域へ向かうバスを乗り入れさせるともっと便利になるでしょう。また、八王子線の廃止区間に乗り入れすることもゼロでは無いでしょう。

②冷房化・・・
 これに関してはバスだけができるものでもないでしょう。今の鉄道でもその気になればできないこともないでしょう。

③運行本数増加・・・
 単線や閉塞(間隔)に縛られ、車両も限られている現在よりは容易に増発できるようにはなるでしょう。しかし、どれだけ増発されるのでしょう。今より1本でも多くても“増発”になりますから・・・。

④バリアフリー化・・・
 一見するとバス転換ならではとも思えますが、鉄道でも超低床の車両を導入することで叶うものでもあります。富山ライトレールがその良い例でここもJR西日本の富山港線を転換させた、「普通の鉄道を路面電車にした路線」です。

 これだけ見ると「転換したほうが便利」に見えるかもしれません。確かに転換後数年は便利かもしれません。しかし、国鉄時代の「赤字83線」を思い出してください。廃止後、バス転換された路線にはその後数年から数十年で転換されたバス路線が減便されて使い物にならなくなったり、そもそも路線自体が廃止された例も数多く存在します。
 この路線は専用軌道を使っており、国鉄のバス転換とはある程度違うかもしれませんが、可能性はゼロでは無いと思います。

 では、仮に成功したとしても私は問題があると思います。既存する路線バスとの競合です。現在は鉄道とバスを乗り継いで行かなければいけないところやバスの方が行きやすいところも、バス転換後にはこちらの方が便利になる場所も出てくると思います。なので「利用する場所での住み分け」が崩れることも考えられます。

 バス転換により便利になることもあればその裏には不便になることもあると思います。電車は電車で長所もあれば短所もあり、バスはバスで長所も短所もあります。四日市の未来はどうなるのでしょうか。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

221系 リニューアルへ

 今回はバリバリ県外ネタです。JR西日本のネタです。三重県内に特化したほうが良いとは思いますが、最近の私は都合で関西方面へ行ったりすることから興味がわいてきたということです。(もしかしたらそう遠くないうちに新カテゴリ立ち上げも?)
 221系のリニューアルは他のサイトでも話題になっていますが、当サイトでも扱っていきたいと思います。
 どのような変更点があるか気になっていたのですが、ホームページで発表がありました。

 221系近郊形電車は、JR西日本発足(昭和62年)後、弊社のイメージの一翼を担う車両として新製した車両です。平成元年のデビュー以降、平成4年までに474両を投入し、主にJR京都線・神戸線、関西線などで新快速・快速として活躍してきました。
 この度、新製から25年が経過しましたが、今後の社会的ニーズの変化に対応するため、さらなる安全性向上およびサービス向上を目指したリニューアルを行います。

1 リニューアル予定車両数
 221系近郊形電車 全474両

2 主なリニューアルの概要
 (1)客室内の安全性向上
 ・吊り手、握り棒をとっさの際につかまりやすい色・大きさに変更(225系と同様のタイプ)

 (2)バリアフリー対応
 ・トイレを車いす対応に大型化改良
 ・車いすスペースを新設
 ・出入り口上部に、次駅案内表示器(電光式)を新設
 ・ドア開閉の注意を促すため、ドア開閉チャイムを新設

 (3)その他
 ・乗降をスムーズにするため、出入り口付近の座席を補助席付座席に変更


PDFの資料はこちらです。

 PDFの資料でリニューアル前とリニューアル後の比較がされていますが、本当に223系や225系のように変わるのですね。でも、戸袋窓はそのまま残されているのがわかります。あとは「次駅案内表示器」が今までにないモノになっています。ほとんどの223系は7セグメントディスプレイ(要はよくある腕時計のようなもの)の横に「号車」です。そしてリニューアルされた205系は増解結がないためか印刷されたもの、ではリニューアルされた221系はというと、資料を見る限りLED式になっていて更に「号車」もLEDになっています。(表現が難しいのでPDFを見てください)
 205系のリニューアルにも言えることですが、列車番号表示器がなくなっています。225系にはあるのに何故、撤去したのでしょう?大して必要なものではないのでしょうか。JR東日本の205系や209系は転用の際、大きなものにわざわざ交換されているのでこの差が気になるところです。
 しかし、今のペースで終わるのでしょうか。113系のように「リニューアルをしていたけど、車体の寿命を考えてやっぱり簡単に終わらせよう」のようにならないでしょうか。
 無事、リニューアルが完了することを祈っています。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

津新町駅のバス乗り場

 三重交通は主要駅にバスターミナルがあります。このうち今回は津新町駅のバス乗り場に触れていきたいと思います。

現在の時刻表バスのりばの図です。方面別にのりばを分けています。
改札口の前から順に 
1番のりば西団地循環・津駅・白塚駅・高田高校・三重病院・大学病院・イオン津・三重会館行き
2番のりば緑が丘団地
3番のりば平木・泉ヶ丘・片田団地・殿舟団地行き
4番のりば穴倉・市場・立合行き
〈降車専用〉交番の前


となっています。
 ここにはバスターミナルらしく、乗り場案内の看板が設置されています。

英語部分に注目!
 でも、よく見てください。英語のところをよく見ると

For Miekaikan,Tsu station,University hospital,SATYと書いていて訳すと、三重会館、津駅、大学病院、サティ方面となります。
 何がおかしいかというと本来「イオン津」となるところが「サティ」となっているところです。
 では、なぜこのような事になったかというとイオングループのブランドが統一されたのを覚えていますか。ジャスコやサティがすべてイオンに統一された時です。 そこで津のサティもイオンに変わりました。なのでバスもイオン津に変わったということです。昔の幕式方向幕にはサティのマークも入っていました。
 おそらく英文にはお金が無かったのかもしれません。〈でも、上の日本語もただ単に上からシールを貼っているだけですが・・・〉

 余談ですが、津近辺のイオングループの店〈マックスバリュ等は除く〉に関係のあるバス停は他にもあります。
 変更(改正)前 (内は統一前の店名)      ⇒    変更(改正)後 (内は統一後の店名)
  サティ(サティ津店)   ⇒イオン津(イオン津店)
       ジャスコ前(ジャスコ久居店)  ⇒久居インターガーデン(イオン久居店)
サンバレー(ジャスコ津南店)  ⇒サンバレー(イオン津南店)
松阪マーム(ジャスコ松阪店)  ⇒松阪マーム(イオン松阪店)


なぜ、サンバレーや松阪マームがそのままなのかというと、この2つに関しては“愛称”だからです。
関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

ぐるっと敦賀周遊バス

 以前の記事でも紹介したように正月に京都へ初詣、敦賀へ温泉に行きました。敦賀ではぐるっと敦賀周遊バスを使い、温泉まで行きました。
では、この路線の情報を紹介していきます。

[停留所数] 13個
[所要時間] 51分
[全長]   19.4㌔    
[運行事業者]敦賀観光㈱
[車両]小型観光バス       
[本数]平日7便、休日9便(平成25年1月1日現在)
[運賃]1乗車200円

番号停留所名
1敦賀駅前
2氣比神宮前
3アクアトム
4山車会館
5水産卸売市場
6金ケ崎緑地
7中池見口
8小牧かまぼこ
9リラ・ポート
10あっとほうむ
11昆布館
12日本海さかな街
13ニューサンピア敦賀
1敦賀駅前

 循環するコミュニティバスによくある一方通行の路線です。しかし、さすがは観光重視。コミュニティバスにしては珍しい、休日ダイヤの方が本数が多くなっています。
 ちなみに、私は正月に行ったのでそもそも観光施設を回る路線ですから年末年始の休業している一部施設のバス停は通過する措置が取られていました。
 この路線は小型の観光バスといいましたが、少なくとも2台が走っており、1台は降車ボタンや車内放送を備えた路線バス改造車、もう1台は何もついていない非改造車があります。路線バス改造車では放送を聞いてボタンを押す“普通のバス”ですが、非改造車は運転士に降車する停留所を伝えなければいけません。運賃も運賃箱に入れるか、直接運転士に渡すか違います。

[車内放送]
 路線バス改造車で録った車内放送です。区間は敦賀駅前⇒リラ・ポートです。これで行った温泉がわかると思いますが・・・

関連記事

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

不親切な225系

 みなさんは225系といえば何を思いつきますか。私はWESTビジョンが思いつきます。
 これまでの223系などはドアの上にLEDの表示器がありましたが、225系は液晶のモニターを2つ付け1つは停車駅の案内、もう1つは広告を流しJR東日本のE231系やE233系を彷彿させるモノに変わりました。
 今までの223系には無かった設備なので本当に便利で暇な時には広告を見たりできるのですが・・・。

左に注目
これは北陸線の近江塩津駅停車中に撮ったもので、列車は新快速米原経由播州赤穂行きです。

 注目して欲しいのは左側のモニターです。これは本来、停車駅の案内などを流し、223系でいうドア上の表示器の役割をしています。しかし、写真のモニターは左半分が「JR西日本」と表示され、次駅案内などが出ていません。なので、このモニターが消えていると客が次の駅を知る方法は車内放送しかありません。北陸線はよく使うような路線ではないので放送を聞き逃したら今自分がいる場所がわからなくなってしまいます。せっかくの設備なのに、使わないなんてまさに宝の持ち腐れです。本当に不親切です。
 でも、本当に何故表示されないのでしょう?実はこれが初めてではありません。同じ北陸線で近江塩津から米原方面に225系で向かったのは少なくとも3回あるのですが、記憶が確かならば3回とも表示されていませんでした。
 知人に意見を尋ねてみたところ、「たまたまじゃないの?」と言われましたが、実際にはどうなのでしょう?本当に“たまたま”ならば私がついていないだけですが・・・。
関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

JR西日本(滋賀県)の放送

 新年、明けましておめでとうございます。私は新年早々京都の平安神宮へ初詣へ向かいました。その他にも敦賀へ温泉にも行きました。私の今回の旅の目的は・・・
①初日の出を車内から拝むこと
②平安神宮へ初詣に行くこと
③敦賀へ雪景色のなか温泉に浸かること
です。(本当はこれだけではないのですが・・・)
 ちなみにこれらが実現したかというと
①は少し雲が多く、少し高い位置となったため
②はすんなりと行け、更に時間が早かったため空いていて
③は天気が良すぎて×
となりました。まぁそもそも、雲があっては困る初日の出と雲がなければなかなか実現しない雪景色の両方を実現させるのは難しいものがありますが・・・。
 18きっぷが使える期間ではありますが、これを使うと期間内に他の日にも使わなくてはいけないので今回は使いませんでした。JR東海区間は青空フリーパスを、JR西日本区間では普通乗車券の一筆書きを応用しました。

 その移動中に
・京都の市バス
・敦賀のコミュニティバス
・近江塩津駅の接近放送
・米原駅の接近放送
を収録しました。このうち近江塩津駅と米原駅の接近放送を今回公開しました。では、ご覧下さい。

①近江塩津駅接近放送

②米原駅接近放送(8番のりば・新快速豊橋行き)




関連記事

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

gonushi

Author:gonushi
FC2ブログへようこそ!ゆっくりしていって下さい!!

リンク集・このブログについてのお問い合わせはこちらから↓
お知らせ
お知らせ
【更新間隔】 現在、約1週間に1~2回更新しております。  相互リンク募集中!!詳細&参加していただける方は別館まで!                 最近の記事には動画が貼り付けてあります。全体的に重くなっているので、パソコンからの閲覧をおすすめします。                                           
最新記事
入場者数
滞在数
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
皆様も是非ご協力ください。

只今の時刻
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR